ページの先頭へ

診療科のご紹介放射線科

放射線科

画像診断と放射線治療で様々な疾患の診療に貢献。

トヨタ記念病院 放射線科科部長 奥田隆仁

放射線科 科部長
奥田 隆仁

放射線科は、画像診断部門と放射線治療部門を有しています。

〈画像診断部門〉
CT、MRI、核医学、血管撮影などの各種画像診断による総合画像診断を行います。総合画像診断により、各科の臨床診断を画像診断の立場からサポートし、より確実な確定診断に結びつくよう努力しています。
紹介患者さまに対しては、CT、MRI、PET・CTについて地域医療連携用の専用予約枠を確保しており、優先的な撮影、画像処理、フィルム印刷を行い、放射線科専門医師による画像診断、報告書作成をいち早く行っています。できるだけ早くご依頼いただいた先生方にフィルムと報告書が届くように努力しています。

〈放射線治療部門〉
汎用型リニアック、高精度放射線治療専用機であるサイバーナイフによる放射線治療を行っています。
汎用型リニアックにより、がん放射線治療全般をカバーし、サイバーナイフを用いて、より低侵襲で、さらに効果の高い放射線治療に取り組んでいます。より高次な治療が必要な際は、大学やがんセンターといった各種高次機能を担っている医療機関と密接な連携に取り組んでいます。

放射線科の医師紹介

取り扱っている主な疾患

  • 前立腺がん
  • 肺がん
  • 脳腫瘍
  • 子宮頸がん
  • 肝細胞がん
  • 膵臓がん
  • 乳がん
  • 悪性リンパ腫
  • 頭頚部腫瘍 など

放射線科の特徴
(検査・治療・体制など)

PET/CT

PET・CT

糖代謝の盛んな悪性腫瘍を画像化しています。腫瘍の進展範囲、悪性度、転移の有無を知るために優れた機械で、がん検診だけでなく、当院各科および近隣の医療機関と連携しながら、悪性腫瘍の診療に貢献しています。

3テスラ MRI

3テスラ MRI

高磁場による高いS/N比より、高い空間分解能、時間分解能を得ることができ、今までの3テスラ MRIよりも高画質の画像を撮影することができるようになしました。

サイバーナイフM6

サイバーナイフM6

サイバーナイフは、ロボット技術により、非常に複雑な腫瘍でも極めて高い照射線量を照射することができます。
また、照射中でも常に腫瘍を検出し、腫瘍の動きを追尾することができます。この機能により、体内での腫瘍の移動に対する不安もありません。患者さまは、自然な呼吸のまま横になっているだけで、高精度な放射線治療が受けられます。
サイバーナイフM6は、世界ではじめてマルチリーフコリメータ(照射野絞り)とロボットアームによる放射線照射装置の機動性を融合しました。これにより、放射線治療における高い柔軟性と効率性を実装し、標準的な治療だけでなく、患者さま一人ひとりの状態に基づいた治療法を提供します。

診療・手術実績

2011年度 2012年度 2013年度 2014年度 2015年度
放射線治療総件数 145 169 192 188 247
 放射線治療(根治治療) 25 33 32 24 65
 放射線治療(姑息的治療) 51 79 104 105 126
 放射線治療(術前後照射) 69 57 56 55 56
一般撮影 73,561 75,425 74,327 74,308 75,070
テレビ 1,606 1,645 1,608 1,640 1,631
血管造影 883 997 1,263 1,212 1,329
CT検査件数 30,773 32,836 33,397 34,106 36,572
MRI検査件数 8,421 9,051 9,201 9,454 11,080
アイソトープ検査件数 607 718 723 732 963
PET 1,448 1,452 1,395 1,414 1,384
骨密度 592 537 484 597 916

主な医療機器

  • CT(64断層マルチスライス2台、16断層マルチスライス1台)
  • MRI(1.5テスラ2台、3テスラ1台)
  • PET・CT(1台)
  • 核医学診断装置(1台)
  • 放射線治療装置(リニアック1台、サイバーナイフ1台)
  • 骨密度装置(1台)
  • 血管撮影装置(心臓用1台、汎用型1台)
  • X線TV装置(5台)

学会施設認定

  • 日本医学放射線学会 認定放射線専門医研修施設

ページの先頭へ