ページの先頭へ

診療科のご紹介腎・膠原病内科

腎・膠原病内科

腎疾患全般から膠原病・血管炎などの特殊な疾患まで
幅広い診療を行います。

トヨタ記念病院 腎・膠原病内科科部長 山下浩

腎・膠原病内科 科部長
山下 浩

腎・膠原病内科では、腎炎、ネフローゼ、腎不全、透析治療など腎疾患全般から、膠原病・血管炎などの特殊な疾患まで幅広い診療を行っています。
透析医療を必要とする腎機能不全などの腎疾患を治療するため、人工透析センターを開設しています。

取り扱っている主な疾患

  • 腎炎
  • ネフローゼ
  • 腎不全
  • 腎疾患全般
  • 膠原病
  • 血管炎 など

腎・膠原病内科の特徴
(検査・治療・体制など)

慢性腎炎・ネフローゼ

血液尿検査、画像検査、蓄尿検査などを実施の上、慎重に腎生検の適応を決定しています。腎炎・ネフローゼ、膠原病の治療でステロイド剤、免疫抑制剤が適応の場合は十分情報提供を行い、副作用に注意しながら慎重に使用しています。

急速進行性糸球体腎炎の早期診断

急速進行性糸球体腎炎は放置しておくと短期間で末期腎不全に至る予後不良な疾患です。ステロイド薬や免疫抑制薬が用いられますが、診断の遅れや重篤な合併症を併発することもあり一般的な治療効果は良くありません。当科では早期診断、早期治療により良好な結果を得ています。

慢性腎不全の治療

食事・薬物療法を中心とした治療により、腎機能低下を遅らせるよう努力をしていますが、やむなく透析が必要になった場合は速やかに透析導入し、早期社会復帰を目指します。また、血液透析だけでなく、腹膜透析も行っています。透析ベッドが20台と限られているため、慢性維持透析の多くは近隣の透析施設に依頼しており、当院では透析導入・合併症発生時など急性期管理を主に行っています。

多発嚢胞腎と診断された方、血縁の方が多発嚢胞腎と診断され自分もその疑いのある方

常染色体優勢多発嚢胞腎は両側の腎臓に多数の嚢胞ができ、その嚢胞は徐々に大きくなり腎機能が低下する病気です。平均で60歳までに約半数の割合で腎機能が低下して透析が必要となります。この病気は腎臓のみならず、脳、大血管、心臓、肝臓、消化管などにも障害を認めることがあります。
今までは特異的な治療法がありませんでしたが、2014年3月にサムスカという薬が治療薬として認可されました。この薬は腎臓の嚢胞の大きくなる速度を抑え、腎機能の低下を抑制する効果が期待されています。サムスカの処方については登録医師の診察と、検査が必要になります。当院では登録医が常時患者さまやご家族の方の相談にも外来で対応していますのでご相談ください。

診療スケジュール・担当医

腎・膠原病内科の医師紹介

2017年5月

午前 午後
月曜日 山下
火曜日 山本
水曜日 渥美
木曜日 大谷内
金曜日 山下

変更になる場合がありますので、ご了承ください。

診療・手術実績

2011年度 2012年度 2013年度 2014年度 2015年度
人工透析延べ患者数 3,516 2,203 2,055 1,839 1,842
慢性維持透析導入(総数) 43 44 31 29 30
非糖尿病症例 25 22 15 13 9
糖尿病症例 18 22 16 16 21
腹膜透析導入数 2 1 1 2 3
内シャント設置術(総数) 45 61 34 46 46
バスキュラーアクセスに対する
経皮的血管形成術
腎生検数 16 10 9 14 13

主な医療機器

  • 透析装置20台
  • 血漿交換装置1台
  • CT
  • MRI
  • 超音波検査
  • 各種シンチグラフィー
  • 患者監視装置(透析用)
  • 逆浸透法精製水製造装置血液浄化装置
    (アフェレイシスモニタ)
  • 個人用透析装置
  • 持続性血液ろ過透析装置
  • 多人数用透析液供給装置
  • 軟水処理器
    (個人透析用ポータブル)
  • 腹水濾過濃縮再静注装置

学会施設認定

  • 日本腎臓学会 研修施設
  • 日本透析医学会 認定施設
  • 日本リウマチ学会 教育施設

ページの先頭へ