ページの先頭へ

診療科のご紹介産婦人科

産婦人科

リスクの高い妊娠・分娩を担当し
当地域以外の患者さまの分娩も増えています。

トヨタ記念病院 産婦人科科部長 岸上靖幸

産婦人科 科部長
岸上 靖幸

産婦人科では、周産期にかかわる医療と子宮筋腫、卵巣嚢腫、子宮内膜症、子宮がん、卵巣がんなどの婦人科系疾患の診療を担当しています。
妊婦検診受診の方で、妊娠の継続および分娩について、「リスクが比較的低い」と当院医師が判断させていただいた場合は、他の医療機関を紹介させてきただきます。
(紹介後でも、状態に変化があり、紹介先の医療機関において、当院への受診が必要と判断された場合は、いつでも診察させていただきます。)
当院は、愛知県より豊田加茂地区の「地域周産期母子医療センター」の認定を受け、この地域でのリスクの高い妊娠・分娩を担当しています。また最近では、県の母子医療ネットワーク化により、当地域以外からの依頼も増加し、当院での分娩が増加しています。
リスクの高い妊娠・分娩の患者さまの治療には、より多くの時間が必要となるため、現状のままでは当院の能力を超える状況となっています。そのため、比較的リスクの低い患者さまには、上記のような対応をとらせていただくことを、何卒ご理解いただきますようお願い申し上げます。
妊娠以外で受診の方につきましても、同様の理由により、担当医師変更のお願いや予約の確保でご迷惑をおかけする場合がありますが、ご理解とご協力をお願い申し上げます。

取り扱っている主な疾患

  • ハイリスク妊娠
  • 子宮がん
  • 卵巣がん
  • 子宮筋腫
  • 子宮腺筋症
  • 子宮内膜症
  • 子宮脱
  • 骨粗しょう症
  • 高脂血症 など

産婦人科の特徴(検査・治療・体制など)

最先端の婦人科医療

婦人科医療でも、できるだけ最先端の婦人科医療が提供できるよう精進しています。
子宮がんでは手術療法、抗がん剤、放射線治療を組み合わせた集学的な治療を行っています。卵巣がんはガイドラインに沿った手術療法、抗がん剤治療を行っています。
2006年4月からはFDG・PETが保険適用となりましたので、子宮がん、卵巣がん早期診療も可能になるものと期待しています。
また、緩和ケア、リンパ浮腫の治療も積極的に行っています。

“お腹を切らない”手術の選択

子宮筋腫、子宮腺筋症では、症状に合わせて治療法を選択しています。手術療法が必要な場合でも、子宮鏡下手術、膣式手術のような、なるべく“お腹を切らない”痛くない手術を選択するようにしています。

子宮鏡下手術は2泊3日、膣式子宮全摘出術は4泊5日で行っています。
良性卵巣腫瘍は3ミリ径の針状腹腔鏡を使用して小さな傷で安全な手術を心がけています。これも4泊5日で行っています。
子宮内膜症の手術療法でアルゴンレーザーを使用した腹腔鏡下手術が有用で、4泊5日で行っています。
不妊センターを併用している関係から、子宮鏡下手術の導入に続いて今年から卵管鏡も導入予定です。
子宮脱などの性器脱の手術は膣式手術で4泊5日で行っています。

これ以外に、更年期のホルモン補充療法、骨粗鬆症、高脂血症の治療も行っています。

高度先進医療「腹腔鏡下広汎子宮全摘出術」実施施設に認定されました。
(平成29年9月1日)

高度先進医療とは…

国民の安全性を確保し、患者負担の増大を防止するといった観点も踏まえつつ、国民の選択肢を拡げ、利便性を向上するという観点から、保険診療との併用を認めることとしたものです。(平成29年7月1日現在で104種類)

腹腔鏡下広汎子宮全摘出術とは…

適応疾患:子宮頸がん(Ib期・Ⅱa期)
開腹手術と比較した場合、以下のメリットがあります。

  • 傷口が小さくなることによる体にかかる負担の軽減と
    より早期の仕事復帰
  • 手術中の出血量が減ることによる輸血の機会の減少

開腹手術の創部 腹腔鏡手術での創部

手術にかかる費用は…約71万8千円
  • 先進医療に係る費用と保険給付分の費用を合わせて約71万8千円
  • 部屋代・食事代は別途必要となります。
  • 保険給付分は治療により費用が変動します。
    上記の金額は標準的な治療での概算費用です。

診療スケジュール・担当医

産婦人科の医師紹介

2017年11月

午前 午後
月曜日 岸上
竹田
小口
鵜飼
宇野
火曜日 田野
山田(産後)
宇野
鈴木
水曜日 鈴木
竹田
岸上
田野
木曜日 鵜飼
田野
小口
竹田
金曜日 岸上
宇野
鵜飼
山田

変更になる場合がありますので、ご了承ください。

診療・手術実績

婦人科手術実績

2011
年度
2012
年度
2013
年度
2014
年度
2015
年度
悪性腫瘍手術 広汎子宮全摘出術 11 6 8 14 4
子宮体癌手術 12 19 17 11 13
卵巣癌手術 7 12 13 11 15
その他悪性腫瘍手術 2 23 2 2 1
開腹手術 腹式子宮全摘出術 18 15 15 5 6
付属器切除術 23 14 18 5 1
筋腫核出術 19 33 14 23 12
その他開腹手術 4 79 2 4 1
膣式手術 膣式子宮全摘出術 38 12 32 15 37
性器脱手術 14 30 16 19 16
円錐切除術 21 8 6 3 10
レーザー蒸散術 34 51 66 40 29
その他腟式手術 0 8 1 9 11
腹腔鏡手術 腹腔鏡下子宮摘出術 4 2 5 33 36
腹腔鏡下筋腫核出術 2 5 6 13 2
腹腔鏡下付属器手術 86 91 89 83 88
その他腹腔鏡下手術 3 9 2 4 4
その他 子宮鏡下手術 55 77 53 71 56
卵管鏡手術 0 0 0 0 0
その他婦人科手術 42 58 26 40 12
産科手術 予定帝王切開術 73 73 66 65 54
緊急帝王切開術 82 77 64 44 42
前置胎盤帝王切開 16 10 13 6 9
子宮頸管縫縮術 5 13 4 8 7
その他産科手術 10 9 10 5 7
分娩数(母体数) 573 574 576 501 501
出生児数 604 613 605 539 537
生産児数 570 588 581 522 520
死産児数 37 25 24 17 17
多胎数 双胎 34 37 29 38 36
品胎 0 1 0 0 0
緊急母体搬送受入数 175 186 180 153 166

主な医療機器

  • 腹腔鏡手術システム(5ミリメートル径、12ミリメートル径)
  • 針状腹腔鏡手術システム(2ミリメートル径、3ミリメートル径)
  • 子宮鏡手術システム
  • 卵管鏡手術システム
  • FDG・PET

ページの先頭へ