ページの先頭へ

健診を受けたい方へよくあるご質問

健診についてよくあるご質問

人間ドックの予約方法を教えてください。

予約方法はお電話かご来院による申込みになります。
電話予約の場合、豊田市健診や加入健保組合からのご案内などの書類と、保険証、当院の診察券をご用意の上、お電話ください。
豊田市健診受診の場合は、3月下旬にご自宅へ郵送される市役所からの案内書をお読みください。
各契約健保組合、企業健診の方は会社担当者へ申込み方法をご確認ください。
毎年、豊田市健診の受診券配布時期の3月末から4月にかけ、お電話が繋がりにくい時がございます。

人間ドックを受けて全て分かりますか?

全てが分かるわけではありません。
健診では、レントゲンを撮影したり、採血をしたり体の全体を調べますが、体を作っている全ての臓器・筋肉・骨などを一つ一つ調べるわけではありません。
当センターのコースは日本人の死亡原因の第1位である「がん」(注)と、次いで多い循環器疾患(心臓病や脳血管障害)のスクリーニング(病気になる危険があるかどうか)に重点をおいたコースをいくつかご用意しています。健診コースによって調べる項目数が異なります。
(注)胃(食道)・大腸・肝・胆のう・膵臓・脾臓・腎臓・肺・乳・甲状腺・子宮頸部・前立腺など。

健診の前日に気をつけることはありますか?

  • 胃の検査を予定している方は、20時までに消化の良いものを食べてください。
    暴飲暴食・飲酒を避けていただけば普段どおりの生活で結構です。運動も問題ありません。
  • 前夜が夜勤の方は、深夜12:00までに軽く済ませてください。ただし食事から受付時間まで10時間以上空けてください。
  • 採血があり胃検査の無い方は、受付時間の4時間前までに食事を済ませてください。
  • 前立腺がん検査(血液のPSA検査)がある方はエアロバイク、自転車、バイクなどのサドルで前立腺(股間部)を長時間圧迫するような激しい運動は避けてください。

健診当日の朝は水分を摂っていいですか?

胃の検査がある方でもお茶、お水などの水分に限り、受診2時間前(コップ1杯程度)まで摂取できます。

健診の所要時間はどれくらいですか?

受診コースにより違いがあります。
  • 特別、充実コースを受診される方は、当日医師から結果説明があります。約2時間程度をご予定ください。
  • 基本コースを受けられる方は、1時間半〜2時間ぐらいかかります。
  • 豊田市健診を受けられる方は、1時間半ぐらいかかります。
  • レディース検診(乳がん、子宮頚がん検査)を受ける方は、上記以上に所要時間がかかります。当日の混雑具合にもよりますが、上記プラス30分〜1時間ぐらいはかかる予定です。
    子宮頚がん検査のみの方は待ち時間を含め30分程度所要時間がかかります。
  • 胸部CT検査、血圧脈波検査(血管ドック)のオプション追加の方も上記プラス30分ほど所要時間がかかります。

乳腺検診の超音波検査とマンモグラフィの違いは何ですか?

「超音波検査」は乳房の表面にゼリーを塗り、超音波のプローブをあて病変の有無を確認します。
「マンモグラフィ」は乳房を機械で挟んで、圧迫した状態でレントゲン撮影をします。
マンモグラフィは、妊娠中・妊娠の可能性のある方、豊胸術をされている方、ペースメーカーを装着されている方は検診では受けることができません。
若年の方(20〜30歳代)は、乳腺が発達しているため、マンモグラフィを撮っても全体的に白っぽく写り、病変が隠されてしまう可能性があります。
初めての方で何を受けたらよいか迷う方には、30歳代までは超音波、40歳代は超音波とマンモグラフィ、50歳以上はマンモグラフィをお勧めします。

授乳中・妊娠中ですが乳腺検診はできますか?

授乳中・妊娠中は乳腺が発達しているので、異常が見つかりにくい状態です。
超音波の検査は、乳房を軽く押さえます。妊娠中の方で乳房を刺激してお腹が張ってしまう方は、お勧めしません。切迫早産や流産の恐れがある方、出血がある方はできません。
マンモグラフィは、低線量のX線被ばくがあるため、妊娠中、妊娠の可能性のある方は検診では受けることができません。
授乳中・妊娠中、いずれの場合でも、自覚症状がある場合は、外来を受診してください。
お急ぎでなければ、超音波については産後3〜6ヶ月程度、マンモグラフィについては卒乳・断乳後6ヶ月程度経過してからの検診をお勧めします。

子宮頸がん検診は何歳まで受けたほうが良いですか?

一般的に高齢になると子宮体癌のほうが多くなると言われてますが、閉経20年以降でリスクは減るとも言われています。
高齢であっても検査が受けれるようであれば検診をお勧めします。
ただし、骨粗しょう症や足腰が不自由、体調不良などがある方は看護師にご相談ください。

妊娠中でも子宮頚がん検診は出来ますか?

検査は可能です。
ただし、市町村の妊婦検診受診券を使用し妊婦検診時に検査を受けることが出来ますので詳しくは受診している産婦人科医療機関にご相談ください。

レディース検診は女性の先生ですか?

マンモグラフィー検査はすべて認定資格をもった女性技師です。
超音波検査は木曜日以外はすべて女性技師です。ただし木曜日は男性医師です。
子宮頸がん検診はすべて男性医師です。

結果がわかるまでどれくらいかかりますか?

ご自宅へ届くまで約2週間〜3週間ぐらいかかります。

精密検査のご案内が来ました。
どこを受診したらよいですか?

当センターでは当院専門科の専用枠を診療科によって違いがありますが、確保しています。
お手元にとどきました『精密検査のご案内』をご確認後、指定連絡先までご連絡ください。

オプション検査は当日でも申し込めますか?

当日追加は申し訳ありませんが承っておりません。
ご案内状が届いて予約内容をご確認していただき追加検査をご希望の場合は、
お早めにご連絡をください。
また予約が満席の場合は追加できかねます。

体調が悪い時は日時を変更できますか?

変更可能です。お電話にて予約の取直しを行います。
ただし、予約空き状況やオプション検査内容によっては、かなり先の日程となる場合がありますので、ご了承ください。

子供を連れていきたいのですが?

申し訳ございません。当センターには託児所のご用意はございません。ご了承ください。

オプション検査についてお聞きしたいのですが?

ホームページ、健診コースのご案内のページにあるオプション検査欄をご確認ください。

土曜日は健診を受診できますか?

基本的には、月2回ほど行っています。
土曜日は健診予約を始め、脳ドック、レディース検診、PET検診、CT検査などは実施しておりません。
人間ドックのみ実施しています。詳細は健診センターまでお問い合わせください。

ページの先頭へ