ページの先頭へ

当院についてがん治療

がん治療への取組み

愛知県がん診療拠点病院として患者さまへよりやさしい治療を提供するために2015年9月に放射線治療棟を新設し世界でも数機しかない「サイバーナイフM6」を導入しました。
また化学療法室を病院の南側へ移設、10床から15床へ増床し、患者さまが安心して抗がん剤治療を受けていただけるように「がん化学療法看護認定看護師」「がん専門薬剤師」「がん相談支援センター相談員」など、スタッフの充実も図っています。

化学療法室

化学療法室

フルフラットも可能なリクライニングチェア(7床)、広々とご利用いただける清潔感のある待合、専用トイレ(2室)などアメニティを各段に向上させ、全15床で化学療法を行っています。

詳しくはこちら

放射線治療棟

放射線治療棟

「サイバーナイフM6」は最新鋭の定位放射線治療装置機能を搭載し、あらゆる方向から放射線を腫瘍に当てることで、周囲の正常な組織への影響を最小限に抑えることが可能になります。
今後も最新鋭の放射線治療機の導入を予定しており、更なるがん治療の充実に努めます。

詳しくはこちら

がん相談支援

がん相談支援

がん相談支援センターは、患者さま、およびそのご家族に対して、がんに関する様々な悩みや心配なことを解決できるよう一緒に考え、必要な情報の提供や解決に向けたお手伝いをする相談窓口です。

詳しくはこちら

ページの先頭へ