ページの先頭へ

初期研修

臨床研修の目標

  1. 臨床研修の理念

    1. トヨタ記念病院の理念を理解し、将来の専門分野にかかわらず、利用される方々の心理的・社会的立場を考慮し、よき人間関係を構築する。
    2. チーム医療の一員としてコメディカルと協調・協力するなど、医師にふさわしい人格を涵養する。
    3. 医学、医療の社会的ニーズを認識し、日常診療で頻繁に遭遇する病気や病態に適切に対応できるよう、プライマリ・ケアの基本的な臨床能力(態度、技能、知識)を身につける。

    臨床研修の理念の共有

  2. 臨床研修の基本方針

    1. 安全かつ質の高い医療を提供するため、日々自己研鑽に努める。
    2. 利用者の視点に立ち、パートナーとして信頼関係を築き、最善の医療を提供する。
    3. プライマリ・ケアの基本的な臨床能力を身につけ、地域・社会に貢献できる医療人・社会人として育成する。
    4. チーム医療の一員として他職種と協調・協力できるコミュニケーション能力を身につけ、日常の挨拶もしっかりできる。

初期研修プログラム

初期研修プログラムはこちら

当院の研修プログラムはプライマリケアを習得することを基本に、高度医療に対応しつつ、 チーム医療の一員 として、 保険診療全般にわたる基本的知識および技術を実技修練するとともに、医療の場における人間関係と医の倫理を体得し、医師としての人格を涵養するだけでなく、責任ある社会人としての素養を習得します。

初期研修1
初期研修2

教育課程

初期2年間

5年レジデント制の初期2年間をジュニア・レジデントと位置付け、スーパーローテートによる臨床研修を行います。この間は、医師としての人格の涵養と、将来の専門科に関わらず全員がプライマリケアの基本的な診療能力(態度、技術、知識)を身につけることを最優先目標としています。
ジュニア・レジデントは全員、統合診療科に所属し、専任の指導医および各科の指導医や、先輩レジデントとともに学んでいきます。 ジュニア・レジデントのER(救急外来)当直は月4〜5回程度です。

初期2年間

導入教育

トヨタ自動車の入社式参列の後、同社の新人社員と共にトヨタの歴史、ビジネスマナー等社会人としての基礎知識を学びます。その後病院の「導入教育として」、 基本的な医療実習や、少人数グループに分かれてワークショップや、病棟、薬剤科、放射線科、検査科などの見学をを行い、毎年活発な討議がなされ、医師としての意識を持つ教育が行われます。
豊田厚生病院の研修医と共に当院で開催されるICLS(二次救命処置)講習会にも参加することが伝統となっており、指導医やコメディカルとの交流を深める一歩となっています。 プライマリーケアを習得するためプログラムのカイゼンを続けています。

2012、2013年度入社研修医向け導入教育では「医師の理想像」をテーマにワークショップ、病棟、薬剤科、放射線科、検査科などの見学が行われました。

2013年度入社研修医「導入教育を終えて」1

2013年度入社研修医「導入教育を終えて」2

2013年度入社研修医「導入教育を終えて」3

2013年度入社研修医「導入教育を終えて」4

「導入教育」を終えて。(写真は2016年度入社研修医)

研修体系

臨床研修管理委員会
  • 委員長 小口 秀紀(副院長)
  • プログラム責任者
    桑原 浩彰(リハビリテーション科科部長)
  • 副プログラム責任者
    渥美 宗久(総合内科科部長)
  • 初期研修医も[臨床研修管理委員会]に
    各年度各2名の参画

↓

委員会開催(月1回)

↓

各種研修

ジュニアレジデント
  • 導入教育(4日間)
  • モーニングセミナー(週2回)
    各テーマ別講義
    情報伝達と徹底
  • レジデントブック(年1回 カイゼン)
    ER診療の要点
  • 講習会
  • 他病院との交流
    (病院見学・ICLS講習会等)

↓

シニアレジデント(1年目)

セントエリザベス病院海外研修(3週間)

協力病院・施設
足助病院、上矢作病院(へき地医療研修)
トヨタ各工場診療所(産業医療研修)
仁大病院(精神病科及び地域医療研修)
豊田市保健所
愛知県赤十字センター
豊田地域医療センター(へき地医療研修)
新城市民病院(へき地医療研修)
作手診療所(へき地医療研修)
外部評価委員
合資会社 池田屋 代表 長坂 光司
ルネサンス豊田高等学校 教頭 牛山 尚也
仁大病院 院長 新津 幸靖
足助病院 副院長 都築 瑞夫
上矢作病院 院長 西脇 巨記
豊田地域医療センター 院長 伊野 晶夫
新城市民病院 病院長 線引 洋一

研修方式

スーパーローテート方式

各科をローテートしながら実践的に学んでいきます。
また、毎週水曜日・金曜日の朝7時30分からはモーニングセミナーを実施しています。「救急診療におけるポイント」を主なテーマに、専門医からの講義のほか、研修医による症例報告、M&Mカンファレンス、放射線セミナー、ディスカッションと多彩な内容となっています。

ローテート必須科目
(合計24か月 導入教育を含む)

〈ローテートについて〉

  • 内科・外科は分けない。
  • 1 Unit=1か月とする。但し、1年次の4月・5月は2か月で1 Unitとする。
    よって2年間で23 Unitでカウント。
  • 総合内科は1年目の12月から開始、「ER→総合→ICU」の順が原則。
  • ERはJr.1(2 Unit)、Jr.2(2 Unit) 計4 Unitとする。(従来同様)
  • ICU(1 Unit)を必須科目として追加。
必須項目
  分野 Unit ローテート科
1年次 救急関係 3U 1・2 ER(2)、
3 麻酔(1)
小児 1U 4 小児科(1)
2年次 救急関係 3U 5・6 ER(2)、
7 ICU(1)
精神科 1U 8 仁大病院(3W)+
(院内1W)
地域
(医療)
1U 9 足助病院、上矢作病院、
豊田地域医療センター、
新城市民病院
共通 内科:
必須7科
7U 10 循環器(1)、
11 呼吸器(1)、
12 消化器(1)、
13 神経内科(1)、
14 総合内科(1)、
15 腎臓内科(1)、
16 内分泌科(1)
外科:
必須3科
3U 17 外科(1)、
18 産婦人科(1)、
19 整形(1)

上記19項目(1〜19)について2年間の必須科目としてローテートする。

自由選択4U
  分野 Unit ローテート科
2年次 各0.5U 脳外科、形成、皮膚、
泌尿器、耳鼻、
放射線、検査
(注)自由に組合せ可能
(4U内で自由枠)
1U 血液+感染
  • 後期内科系進路希望者は、専門医取得のため自由選択は血液内科選択が望ましい。
  • 後期外科系進路希望者は、麻酔科選択が望ましい。
  • 自由選択は、必須科目を再選択することも可能。
  • 受入可否と日程の調整については、臨床研修グループに相談のこと。

ローテート1

ローテート2

学会・研究会発表の奨励

当院では研修医の学会、研究会での発表を奨励し、サポートしています。
もちろん発表に必要な指導は懇切丁寧に行います。
国内のみならず海外で発表した実績もあります。

外部講師の招聘

院内の症例検討だけでなく、幅広い知識を養うため、国内外のあらゆる方面でご活躍されている講師を招聘し、講演会を実施しています。

外部講師の招聘

モーニングセミナー

当院では、研修医による研修医の勉強会を水曜日・金曜日の朝7時30分から行っており、多彩なテーマで学習会が行われています。
また参加者は研修医だけでなく、研修指導医や各科指導医、上級医、ナース、コメディカルスタッフも参加しており、活発な意見交換が繰り広げられています。

モーニングセミナー

他病院研修医との交流

広い視野で医療を見つめ、自分たちの実力を再認識し、情報交換をすることで刺激を受けて今後のスキルアップにつなげて欲しいとの願いから、研修医教育において定評のある聖隷浜松病院・静岡県立総合病院研修医との交流を定期的に行っています。具体的には、各病院の勉強会で海外からの外部講師を招く際に、それぞれ症例を持ち寄り、英語でPBL形式の合同勉強会を行っています。また導入教育として毎年春に、豊田厚生病院研修医と合同でICLS(Immediate Cardiac Life Support)講習会を行っています。

他病院研修医との交流

初期研修終了後の進路について

  • 2012年 14名中8名が当院の後期研修を希望
    循環器科、腎・膠原病内科、外科、産婦人科、集中治療科
  • 2013年 15名中10名が当院の後期研修を希望
    救急科、内科、消化器内科、循環器内科、外科、整形外科、小児科
  • 2014年 15名中10名が当院の後期研修を希望
    循環器科、消化器科、神経内科、整形外科、産婦人科、外科
  • 2015年 16名中6名が当院の後期研修を希望
    呼吸器科、神経内科、整形外科、小児科、産婦人科、外科
  • 2016年 16名中9名が当院の後期研修を希望
    神経内科、内科、消化器内科、小児科、産婦人科、外科

グローバル研修制度

当院では、若手医師が国際的な視野を持つことができるような研修制度を目指しています。日常業務の中では、必要に応じて英語等での診療を行い、ERでは17カ国語対応の問診票を準備し、地域で増加する外国人患者さまへの質の高い診療を目指しています。

海外研修

2003年に姉妹病院として交流を開始して以来、毎年米国のケンタッキー州に有るSt. Elizabeth Medical Centerに、3年目研修医(シニア・レジデント1年目)を2名、1か月間派遣しています。現地では、約500床の病院で、家庭医の幅広い診療を学ぶと共に、志望科に沿ったオーダーメイドの研修を行います。病棟や外来の見学だけでなく、現地のレジデントとともにレクチャーやカンファレンスに参加することで、医学的見識を深め、日本との医療制度の違いを学びます。後期研修終了後、米国のレジデンシー・プログラムにマッチし、国際的に活躍する卒業生も居ます。

海外研修

海外からの外部講師企画

毎年、米国から当院に外部講師を招き、初期研修医主体でPBL形式の勉強会を開催しています。病棟回診も行い、大リーガー医の身体診察を学びます。 過去にはDr.Lawrence TierneyやDr.Asher Tulsky、近年ではフロリダ大学よりDr.Gerald Steinを迎え、研修医が準備した英語の症例をともに検証しています。また、以前当院で研修プログラムを立ち上げ、現在米国で神経内科の臨床をされている河合真先生も毎年講演に来ていただいています。院内での症例発表の準備を通して学んだスキルや、英語でのプレゼンテーションの経験は、SGIM等の国際学会での発表に活用することができ、毎年恒例の大変有意義な行事となっています。

海外からの外部講師企画

国際学会での発表

当院では、将来の志望科に関わらず、初期研修の段階から国際学会に挑戦することは大変意義の有ることと考え、病院全体でサポートをします。例年、北米で開催される米国総合内科学会(Society of General Internal Medicine: SGIM)の総会にて、数名の研修医が症例発表を経験しています。SGIMの総会には、米国の総合内科医を中心として、各国の研修医や学生等2,000名程度が参加し、学会中のセッションは大変教育的な内容となっています。発表の準備を通して自然と英語力がつき、各国の医師達との交流を持つことは、国際的な視野を持つことにつながります。本番に向けた数々の予演会では、科の垣根を越えた多角的なフィードバックを受けることができ、発表症例については指導医による英語論文作成の指導も行っています。

国際学会での発表

後期研修についてはこちら

ページの先頭へ