ページの先頭へ

診療科のご紹介呼吸器科

呼吸器科

診断・治療からリハビリ、在宅療法まで総合的な診療を行います。

トヨタ記念病院 呼吸器科科部長 杉野安輝

呼吸器科 科部長
杉野 安輝

呼吸器科では、急性や慢性の呼吸器疾患の診断・治療はもちろんのこと、呼吸リハビリテーションや、在宅酸素療法、CPAP療法、肺炎球菌ワクチンの接種など、総合的な呼吸器診療を行っています。
呼吸器センター制ですので、手術が必要となる患者さまでは呼吸器外科との連携によるスムースな対応が可能です。
また、より良い治療を目指した多施設共同臨床研究や新薬開発の臨床治験にも積極的に取り組んでいます。

取り扱っている主な疾患

  • 肺がん
  • 肺炎
  • 気管支喘息
  • 間質性肺炎
  • COPD
  • 気管支拡張症
  • 気胸
  • 睡眠時無呼吸症候群
  • 縦隔腫瘍など

呼吸器科の特徴(検査・治療・体制など)


超音波気管支鏡(EBUS-TBNA)検査

気管支鏡検査

呼吸器疾患の診断に欠かせない検査です。
最新の気管支鏡システムと超音波内視鏡装置を導入し、精度の高い診断を行っています。
また、患者さまの苦痛を最小限に抑えるため、鎮静剤を使用して検査を受けていただくことも可能です。

肺がんの正確な病期診断と最新治療

呼吸器センターとして呼吸器科・呼吸器外科・放射線科・化学療法科で総合的な肺がん診療を実践しています。PET・CTでの正確な病期診断に加えて、サイバーナイフによる最新の放射線治療、分子標的薬や免疫チェックポイント阻害薬による治療も行っています。また、緩和ケアチームと連携し、緩和ケアの実践にも力を入れています。
2016年からは、LC-SCRUM-Japanという全国規模の肺がん遺伝子診断ネットワークにも参加しています。

睡眠時無呼吸症候群の治療

ポリソムノグラフィー検査や簡易検査にて診断を行っています。在宅持続的陽圧呼吸療法(CPAP)や口腔内装置(口腔外科)にて治療を行っています。

肺炎に対するチーム医療

重症肺炎は救命救急病棟での集中治療を行います。
誤嚥性肺炎の患者さまに対しては、医師、看護師、薬剤師、言語療法士、理学療法士、医療ソーシャルワーカーによるチーム医療で早期退院していただけるよう取り組んでいます。
肺炎で入院された患者さまには、退院前に肺炎球菌ワクチンの接種を推奨しています。

気管支喘息の治療・発作対応

吸入ステロイド薬を中心とするガイドラインに基づいた治療を行っています。重症喘息の患者さまには、オマリズマブやメポリズマブによる抗体製剤による治療も可能です。
喘息の気道炎症を評価する検査として、呼気一酸化窒素(FeNO)検査を導入しました。
外来や入院にて喘息指導を行い、安定期にはかかりつけ医へ御紹介いたします。発作時には救急外来での24時間対応が可能です。
かかりつけ薬局との連携にも力を入れており、吸入指導の充実に取り組んでいます。

専門外来

禁煙外来

第2・第4木曜日 14時〜16時(担当 磯村 毅 医師)

2006年4月から禁煙外来が開設されました。
禁煙指導の専門医により患者さまの禁煙支援を行います。完全予約制(外来予約センターにて診察予約を受け付けます)。

診療スケジュール・担当医

呼吸器科の医師紹介

2017年4月

午前 午後
月曜日 近藤
呼吸器科医師(新患)
髙木
火曜日 呼吸器科医師(新患)
大田
川端
水曜日 呼吸器科医師(新患)
松浦
木曜日 磯村(禁煙外来 第2・4)
杉野
木村
金曜日 呼吸器科医師(新患)
加藤

変更になる場合がありますので、ご了承ください。

診療・手術実績

2011年度 2012年度 2013年度 2014年度 2015年度
肺がん初診患者数 103 126 88 123 141
外来化学療法件数 103 95 78 198 191
肺炎入院患者数 281 262 276 283 354
気管支喘息入院患者数 59 31 34 46 49
気胸入院患者数 72 82 74 77 73
睡眠時無呼吸簡易診断検査件数 218 204 171 177 221
ポリソムノグラフィー検査件数 54 40 78 47 62
CPAP療法新規導入患者数 66 47 59 59 78
在宅酸素療法新規導入患者数 65 42 47 43 82

主な医療機器

  • 各種気管支内視鏡
  • 胸腔鏡
  • 睡眠時無呼吸症候群検査(簡易検査、ポリソムノグラフィー)
  • 呼気一酸化窒素(FeNO)検査
  • CPAP(経鼻的持続陽圧呼吸療法)
  • BiPAP(非侵襲的陽圧人工呼吸器)

学会施設認定

  • 日本呼吸器学会 認定施設
  • 日本呼吸器内視鏡学会 認定施設
  • 日本アレルギー学会 教育施設
  • 日本感染症学会 認定研修施設
  • 日本臨床腫瘍学会 認定研修施設

全国肺がん登録調査について

当科では倫理委員会承認のもと、全国肺がん登録調査(2012年内科症例に対する登録研究)に協力しています。 本邦における肺がんの統計および追跡調査を行うことにより、肺がんに関する研究ならびに診療の進歩・普及を図ることを目的としています。患者さまの個人情報は保護されます。登録調査の詳細につきましては、日本肺癌学会、日本呼吸器学会、日本呼吸器外科学会のホームページで閲覧できます。 登録を希望されない場合には、あらかじめ担当医にお知らせください。

間質性肺炎合併肺がんに関する臨床データの研究利用に関するお願い

間質性肺炎は徐々に肺活量が減少し呼吸困難をきたす慢性疾患ですが、しばしば原発性肺がんが合併します。間質性肺炎を合併しない肺がん患者さまと比較して、抗がん剤などの治療では使用禁忌(投与してはいけない)とされる薬剤もあります。手術後や抗がん剤治療、放射線療法中に間質性肺炎が急性増悪を起こし、重篤な合併症になる場合があります。 このように間質性肺炎に合併する肺がんの病状は複雑で、標準的治療がまだ確立していません。私たちは間質性肺炎の患者さまを多数診療している全国の主要な施設と共同で、2012年1月から2013年12月の期間に間質性肺炎合併肺がんと診断した患者さまの臨床データ(喫煙、血液データ、呼吸機能検査、実施された治療内容、その効果判定など)を収集分析し、この疾患の有効な治療法を検索することを目指しています。
これらの臨床データは通常の診療で過去に記録されたもので、患者さまに新たな負担はありません。また、個人を特定できるような状態でデータを使用することはありません。本研究の目的と、臨床データ利用に関するご理解とご協力をよろしくお願い申し上げます。なお、本研究に関するさらなる説明をご希望の方、また、本研究に於いて臨床データの利用を希望されない方はあらかじめ担当医にご連絡ください。

研究期間 2015年10月〜2018年12月

ページの先頭へ