ページの先頭へ

診療科のご紹介薬剤科

薬剤科 
Department of Pharmacy

トヨタ記念病院 薬剤科は大きく3つのチームから構成されています。病棟チームは病棟薬剤業務および薬剤管理指導業務、コア業務チームは調剤業務・注射薬調剤業務・製剤業務・化学療法業務、薬事チームは薬品情報管理業務・薬剤管理業務を担っています。

ごあいさつ

薬剤長  久田 達也

薬剤科 科部長

久田 達也

薬剤科では、トヨタ自動車の仕事の仕方であるトヨタウェイ、すなわち「チャレンジ」、「改善」、「現地現物」、「リスペクト」、「チームワーク」を柱として、当科の理念である「薬物療法のすべての過程において薬剤師が主体的に関わる」ことを目標にしています。常に相手の立場に立った行動を心がけ、病院薬剤師のあるべき姿を見据えながら、患者さまへ安全で質の高い薬物治療が実践されることをサポートしています。
病棟など臨床現場への積極的進出に伴い、患者さまのお薬の処方自体の個別最適化に向けての介入や、薬物投与後の治療効果や副作用のモニタリングなど、医師や看護師などとチーム医療として協働する場面が増えています。今後は、救命救急や手術室における関わりや持ち込み薬や外来抗がん剤治療など活躍の場面を拡大し、「薬あるところに薬剤師あり」の心構えで、薬物治療のはじめから終わりまで適正な投与サイクルがスムーズに回るように総合的に責任を持って取り組んでまいります。
お薬に関するご要望やわからない点がありましたら、お薬お渡し窓口や病棟薬剤師までお気軽にお尋ねください。

目指すもの

薬剤長  遠山 幸男

薬剤長

遠山 幸男

近年の医学や薬学の発展は目覚ましく、今までには無かったような作用を持つ新薬が続々と登場しています。私たちは、皆で協力しあい、教え教えられる風土作りをモットーに、薬の専門家として幅広い知識と高い専門性を併せ持ち、なおかつ患者さま一人ひとりの気持ちにも寄り添える、頼りになる薬剤師の集団を目指しています。治療だけでなく検査や消毒など、多くの場面で医薬品を目にすると思います。「薬のことをいつでもどこでも気軽に聞ける」そんな環境と関係が築けるよう日々研鑽を重ねています。

病棟チーム

病棟チームでは、患者さまの薬物療法が有効かつ安全に行われるための薬剤管理指導業務を行っています。実際には、患者さまが入院前に服用していた薬や健康食品を調べることや、処方薬の説明をすること、退院してからも薬が服用しやすいよう一包化調剤をすることなどでより良い薬物療法の提供を心がけています。また、薬の最新情報を医師や看護師に提供し、医療の質と安全の向上に貢献しています。今後はさらに病棟専任薬剤師を増員していく方針で、薬剤師が常に患者さまの身近にいる環境を整えています。(田中主任)

病棟部門

コア業務チーム

調剤室

コア業務チームでは、最先端の調剤機器を備え、主に入院患者さまの処方薬と夜間に救急外来を受診された外来患者さまの処方薬に関して、安全かつ迅速な調剤を行えるように心がけています。薬剤師は、また、薬の専門家として薬学的知識を用いて処方鑑査により、より質の高い治療を目指した処方提案を積極的に行っています。さらに、医薬品情報を管理しているDI(ドラッグインフォメーション)室にて専従の薬剤師が医師からの問い合わせなどに対応する体制を整えています。(森内主任)

入院時お薬外来

お薬や健康食品の中には相互作用があったり、手術などに影響を及ぼすものが含まれている場合もあり、細心の注意が必要です。当院では、入院される際に薬剤師が患者さまと面談させていただき、ご持参いただいたお薬の種類やご自宅での内服状況を確認しています。また、当院以外の医療機関で処方されたお薬や市販されている健康食品などについて、代替薬や服薬続行の可否を薬剤師が評価し、病棟スタッフへの情報伝達を行っています。(山口)

調剤部門

注射室

注射室では注射薬の供給、在庫管理、品質管理を行っています。 医師が処方した内容を薬剤師の視点で鑑査し、患者さまごとに注射薬の取り揃えを行うことで、安全かつ適切な投与が行われるよう努めています。また、災害時の防災備蓄も含め、注射薬が安定供給できるように適正な在庫量を保管し、温度、湿度、使用期限などの品質管理や、麻薬、毒薬、向精神薬、特定生物由来製品などの管理も行っています。高カロリー輸液(TPN)が処方された患者さまには、クリーンベンチ内で薬剤師が無菌調製を行っています。
製剤室では、治療、検査、診断などに必要とされる薬品で市販されていない特殊製剤の調製などを行っています。(安藤主任)

注射部門

化学療法室

化学療法室では、院内で行われるがん薬物療法の総合管理を行っています。治療室に隣接して薬剤室を配置しており、安全キャビネットや曝露防御具を備えると共に、過誤防止のため調製支援システムを導入し、院内で施行する全ての抗がん剤を薬剤師が安全に調製しています。すべての抗がん剤の処方は、レジメンオーダシステムの導入と、処方内容を薬剤師が事前に鑑査することで、効果的な化学療法を提供しています。また、抗がん剤を使用される患者さまのベッドサイドへ直接伺い、詳細な説明と指導を実施することに力を入れており、がん患者指導管理料3を算定しています。(桂川)

化学療法室

チーム医療

チーム医療

化学療法チーム

化学療法チームは、化学療法導入時のオリエンテーション、化学療法中の副作用チェックとその対策、不安・疑問の傾聴、化学療法後の精神的ケアなどを行っています。
化学療法施行前のタイミングから患者さまやそのご家族と関わりを持ち、より安全でより効果的な化学療法の実践を目的としたチームです。
医師・看護師・薬剤師で化学療法中の患者さまのカンファレンスを毎日開いており、他職種間での情報共有、問題点の確認と解決策の提案などを行うことで積極的に治療に介入し、質の高い治療を心がけています。(桂川)

緩和ケアチーム
(PCT:Palliative Care Team)

緩和ケアチームは、疼痛・呼吸困難・嘔気などの「からだのつらさ」や、不安・気分の落ち込みなどの「こころのつらさ」を緩和し、その方らしい療養生活を支援すること目的としたチームです。医師、薬剤師、看護師の他、理学療法士、作業療法士、管理栄養士、ソーシャルワーカー、臨床心理士など、多くの職種がひとりの患者さまに関わり、きめの細かいケアの実践を心がけています。(中村)

感染対策チーム
(ICT:Infecion Control Team)

感染対策チームでは、医師・看護師・検査技師・薬剤師により、院内の感染制御に関わる活動をしています。院内各部門への定期的な環境ラウンドや抗菌薬適正使用カンファレンスを開催し、感染制御の実施や、抗MRSA薬やキノロン製剤使用患者さまにおいては薬剤選択の適切性や投与量等の確認を行い、適正使用のモニタリングを行っています。(田中主任)

栄養サポートチーム
(NST:Nutrition Support Team)

人が生活をしていく基礎として衣食住と言う言葉があります。「ご飯を食べること」は人が生きていく上で必要なことであり、また楽しみでもあります。病気に罹ると食事が摂れなくなったり、治療をしていく上で絶食管理とされることがあります。病気を治療することと並行して、また食事を食べられるように、楽しんで食べられるように私たち医療者が専門的な知識を活かし、食べられる喜びを提供していきます。私たちNSTは、医師、薬剤師、看護師、管理栄養士、理学療法士、歯科衛生士、検査技師、事務の多職種で構成された専門のチームで、患者さまの栄養管理を行っています。(中西主任)

トヨタ記念病院の業務実績
(2016年12月現在)

院外処方せん発行率 82%
院内処方せん枚数
(入院+外来)
9,076枚(1か月)
薬剤管理指導件数 1,380件(1か月)
患者1人あたり
面談回数(常駐)
2.6回(入院)
がん化学療法調製人数 20.1人(1日)

トヨタ記念病院の専門・認定薬剤師

トヨタ記念病院では、学会などが認定する専門・認定薬剤師の資格を持った薬剤師が数多く活躍しています。豊富な知識や経験を存分に活かして、それぞれの医療チームの中で中心的役割を担っています。各分野のスペシャリストである専門・認定薬剤師を紹介します。

専門・認定薬剤師
取得資格一覧

日本医療薬学会認定がん専門
薬剤師研修施設

日本医療薬学会がん専門薬剤師 3名
日本医療薬学会がん指導薬剤師 2名
日本緩和医療薬学会緩和薬物療法認定薬剤師 3名
日本静脈経腸栄養学会栄養サポートチーム専門療法士 4名
日本病院薬剤師会妊婦・授乳婦薬物療法認定薬剤師 1名
日本糖尿病療養指導士 2名
簡易懸濁法研究会簡易懸濁法認定薬剤師 1名
日本化学療法学会抗菌化学療法認定薬剤師 1名
日本医療薬学会認定薬剤師 1名
日本薬剤師研修センター認定実務実習指導薬剤師 5名
日本薬剤師研修センター認定薬剤師 15名

日本静脈経腸栄養学会栄養サポートチーム専門療法士

全患者さまを対象として入院時に栄養スクリーニングを実施し、栄養不良のリスクがある患者さまを早期に抽出し、チームで相談して一人ひとりの患者さまにとって適切な栄養療法を実践しています。NSTでは各職種がそれぞれの専門性を活かしてよりよい治療を提案しています。その中で薬剤師は、薬の専門家として輸液療法やより効果的な薬剤を提案すること、薬剤を安全に使用するためのリスクマネージャーとしての役割を担っています。

中西 敏博

主任

中西 敏博

日本病院薬剤師会妊婦・授乳婦薬物療法認定薬剤師

妊娠・授乳期の母体への薬物療法では、母体の生理的変化や胎児・乳児への薬物有害作用を考慮する必要があるため、薬理作用や体内動態、生殖発生毒性情報の適切な評価方法などの薬学的支援が必要となることがあります。適切な生殖発生毒性の評価に基づいて、次世代への健康被害を防止すると共に、周囲の過剰な不安から胎児の命や乳児の健康を守る配慮をしながら、薬物療法が中断されることがないよう努めています。

松岡 加恵

主任

松岡 加恵

日本緩和医療薬学会緩和薬物療法認定薬剤師

緩和医療では、痛みのほかに、食欲不振や倦怠感、呼吸困難感、不眠、不安などさまざまな症状を和らげ、患者さまのQOL向上を支援しています。近年、がん患者さまをはじめ、非がん患者さまの支援も増加しています。緩和薬物療法認定薬剤師として、患者さまやご家族と相談しながら、また緩和ケア回診に同行し他職種と連携しながら、適切な薬物療法が提供できるよう努めています。

中村 千加弘

中村 千加弘

日本医療薬学会がん専門薬剤師

がんの薬物治療に用いられる抗がん剤は、細胞毒性があり危険な薬ですが、安全に使用すれば命を救う薬にもなります。新しい分子標的薬の登場などにより薬物治療の発展は目覚ましいものがありますが、皮膚障害や高血圧など、これまでに経験のない副作用も発現するようになりました。
わたしは、がん治療薬の専門家として、がん薬物治療を安全に遂行すべく医師や看護師と治療方針を共有し、必要に応じて副作用対策の薬を提案したり、患者さまが薬物治療に積極的に参加できるようなお薬の説明をし、抗がん剤を取り扱うスタッフへの啓蒙活動などを行っています。

荒川 裕貴

荒川 裕貴

がん薬物治療における薬剤師の役割は、薬剤の適正使用、治療方針への介入、患者さまへの説明や訴えの傾聴、副作用の確認と支持療法の提案、他職種への情報提供・共有など多岐にわたります。
様々な有害事象のあるがん薬物治療を継続していく上で、患者さまがどこに辛さを感じているかをしっかり把握し、的確な支持療法の提案や治療方針の確認を行うことは非常に重要であり、それによって患者さまの生活は大きく変わります。がん専門薬剤師としての知識と経験をフル活用し、患者さまの負担を最小限に抑えつつ、最大限の効果が得られる治療が完遂できるように努めています。

桂川 健司

桂川 健司

日本糖尿病療養指導士

近年、糖尿病患者数は年々増加し、薬物治療も飲み薬や自己注射など多岐にわたります。年々新しい作用機序の薬剤も発売されており、数ある薬剤の中から患者さまの病態にあわせて適切な選択をして治療を行うことが求められています。私は、糖尿病療養指導士として服薬指導だけでなく、医師、看護師、栄養士など他のスタッフとも情報を共有しながら患者さまが前向きに治療に取り組めるよう努めています。

桜井 陽平

桜井 陽平

簡易懸濁法研究会簡易懸濁法認定薬剤師

疾患や加齢により嚥下障害が起こり、通常の服薬方法では薬を服用することが困難な患者さまが増えてきています。簡易懸濁法は、錠剤やカプセル剤を温湯で溶かし懸濁状態にすることで、飲み込み易くしたり、経管投与を安全に実施する投薬方法のひとつです。全国に数少ない認定薬剤師として、当院での簡易懸濁法を安全かつ有効に行うことができるよう啓発活動や投薬方法の確認をしています。また、成書に情報のない場合は実際に懸濁して可否を確認するなど、常に患者さまの状態に応じた薬物治療を提供できるように、最適な薬剤選択と投薬方法の工夫に努めています。

古川 俊子

古川 俊子

トヨタ記念病院 薬剤科 就職情報はこちら

ページの先頭へ