本校の特徴

本校の特徴

基礎分野に心理学、人間関係学などを配した独自のカリキュラム編成を行っています。
また、臨地実習を通して、看護を科学的に発展させ、確かな看護観を養います。

教育理念

人々の健康の回復・維持・増進を図るために、社会における看護の役割を認識し、
生命の尊厳・人間性の尊重を基に、豊かな人間性を養い、看護に関する専門的知識および技術を教授し、
科学的思考に基づき看護が実践できる基礎的能力を身に付け、生涯にわたって自己を啓発できるような人材を育成する。

本校の教育

基礎分野から統合分野まで一貫したカリキュラム

健康に問題をもつ人々への関心、知識への関心、技術への関心を深め、物事を判断し、主体的に学習や行動ができるための取り組みをしています。

授業科目と修得単位数一覧

豊かな感性を育む教科外活動

看護の専門職として豊かな感性を育むために、さまざまな取り組みをしています。

詳細はこちら

授業風景

既修得科目の単位認定について

  • 1

    大学・短大・高等専門学校および下記の資格に係る学校で履修した科目について、
    本人の申請により本校の教育内容に相当するものと認めた場合、総取得単位の2分の1を越えない範囲で単位を認定します。

    • 歯科衛生士
    • 診療放射線技師
    • 臨床検査技師
    • 理学療法士
    • 作業療法士
    • 視能訓練士
    • 臨床工学技士
    • 義肢装具士
    • 救急救命士
    • 言語聴覚士
    • 看護師
  • 2 社会福祉士および介護福祉士は「社会福祉士介護福祉士学校養成施設指定規則」別表第4に規定する基礎分野に限り、
    本人の申請により単位認定します。

看護の基本を重視

技術教育(校内実習)は担当教員によるマンツーマン指導。
VTRなどを使用し自己学習ができます。

講師に優秀な人材を確保

基礎分野の科目は経験豊富な講師陣が担当します。
特に英語は英会話に重点をおき、外国人の講師が担当しています。

実習施設(トヨタ記念病院)が隣接

実習施設と学校が隣接しています。
そのため、教員と実習指導者との連携が緊密で、内容の充実した実習ができます。

学習風景

授業科目の概要

基礎分野

看護を学ぶための幅広い知識を養うものです。
人間を身体・精神・社会面から理解できるように科目構成をしています。
科学的思考をもとに、看護の対象である人間について考えることができるようにしています。

専門基礎分野

人体を系統だてて理解し、次に、健康・健康障害とその回復への課程がつながるように工夫した科目構成をしています。
また、保健・医療・福祉の連携の必要性と社会資源の活用方法について学びます。

様々な科目

専門分野Ⅰ・Ⅱ

基礎看護学、成人看護学、老年看護学、小児看護学、母性看護学、精神看護学の科目があります。
看護の対象・目的の理解、健康保持増進及び疾病・健康障害の看護の方法を学びます。

統合分野

在宅看護論・看護の統合と実践という科目があります。
特に、看護の統合と実践は、国際看護・災害看護などを含み、全ての看護学を包括します。

実習

病院、介護老人保健施設、訪問看護ステーション、認知症高齢者グループホーム、こども園など、
患者、療養者、家族に接して看護について学びます。

シラバスはこちら

成績評価基準

本校では、試験(筆記・レポート提出等)及び出席状況等を総合して評価を行っています。
認定の単位は各科目とも100点満点とし、60点以上の場合、所定の単位が与えられます。

成績は科目ごとに、以下のように評価されます。

評点(点数) 100~80 79~70 69~60 59点以下
成績表示 不可

客観的な指標に基づく成績の分布を示す資料

卒業要件

本科を卒業するためには、3年以上在籍し、以下の科目を修得する必要があります。
欠席日数が、出席すべき日数の3分の1を超える者については、卒業することができません。

区分 卒業に必要な単位数
基礎分野 13
専門基礎分野 21
専門分野 Ⅰ 12
専門分野 Ⅱ 22
統合分野 8
臨地実習 23
合計 99

本校の施設と設備

(注)2018年11月、新校舎へ移転しました。

看護専門学校として基本的な実習施設を備えるのみならず、全学生数を確保したパソコンを有する視聴覚教室や
学生の自主的な学習を助ける図書室、情報収集のためのインターネット接続パソコンの配備、
学生の様々な活動に利用できる体育館などを備えています。

フロアマップ

フロアマップ

フロアマップ

フロアマップ

フロアマップ

フロアマップ

実際に見てみたい人は学校説明会へGO!

学校説明会の詳細はこちら

1F

1エントランスホール

エントランスホール

学校の玄関。そして教職員とのコミュニケーション。学びの入り口そして出会いのスペースです。

2視聴覚教室

視聴覚教室

大型のスクリーン、マルチサラウンドシステム等、視聴覚教育の場として使用。約200人収容。

3ホワイエ

ホワイエ

視聴覚教室への入口、広間。講義前や休憩時間でくつろぐスペースです。

4体育館

体育館

入学式・卒業式の式場として利用。休憩時間はバレーボール、バドミントンなどもでき、リフレッシュ。もちろん「健康科学」の授業もここで。

2F

5教室

教室

ラーニングモールの中心。ティーチングの場としてIT設備の整った教育のメインスペース。

6図書室

図書室

看護学を学ぶための書籍9000冊以上。学びの意欲をそそります。システムで貸し出しもスムース。学びの「たまり場」です。

7ラーニングモール

ラーニングモール

看護を学ぶ学生のための学生主体のスペース。フロア全てが学習意欲を高めてくれます。

8プラクティスルーム

プラクティスルーム

プラクティス(演習)を支える専用のスペース。最大10チームの演習、コーチングが可能です。

9ランチスペース

ランチスペース

外光を取り込む開放的なスペース。お昼はここで、ベンチに座って。自販機設置。

3F

10第1看護実習室

第1看護実習室

看護技術の基礎を学ぶトレーニングスペース。技術練習はまずこのスペースから始まります。

11第2看護実習室

第2看護実習室

看護技術の基礎を学んだ後、成人を対象に、さらに向上させる実習スペースです。

12第3看護実習室

第3看護実習室

母性・小児・在宅の各看護学分野の実習スペースです。

ページの先頭へ