ページの先頭へ

当院についてがん治療

がん治療への取組み

当院は2012年4月に「愛知県がん診療拠点病院」の指定を受け、がん診療のさらなる充実を進めています。2015年9月には放射線治療棟を開設し、新しい放射線治療装置「サイバーナイフM6」「トゥルービーム」を導入。2016年9月には手術支援ロボット「ダビンチXi」を導入し、患者さまにやさしい手術を提供しています。さらに化学療法や緩和ケア、がん相談支援の体制も充実させ、専門的かつ包括的ながん診療を実現しています。

手術療法

2016年9月に手術支援ロボット「ダビンチXi」を導入しました。従来の内視鏡手術の実績も増え、患者さまにより安全・安心な手術を提供しています。

手術支援ロボット「ダビンチXi」について詳しくはこちら

放射線治療

放射線治療

脳腫瘍など小さな病巣へのピンポイント照射を得意とする「サイバーナイフM6」と、広域にわたる大きな病巣への照射を短時間で安全に行える「トゥルービーム」。両装置がそろうことで、当院における放射線治療の適応疾患が拡大しただけでなく、がん治療の可能性や選択肢も大きく広がりました。

詳しくはこちら

化学療法

化学療法

化学療法室にはがんを専門とする腫瘍内科の医師、看護師、薬剤師が常駐し、患者さまにとって最適な化学療法を提供しています。副作用に対して不安を抱く患者さまは少なくありませんが、体調変化について看護師がきめ細かくお話をうかがったり、薬剤師が適切な制吐薬(吐き気止め)を選択して丁寧に説明し、患者さまが安心して化学療法を受けられるよう努めています。

詳しくはこちら

緩和ケア

緩和ケア

緩和ケアとは、病気に伴う心と体の痛みを和らげることを指します。多職種からなる緩和ケアチームが、がん患者さまをはじめとする入院患者さまやご家族の様々な苦痛の緩和に努めています。

詳しくはこちら

遺伝カウンセリング(ゲノム医療科)

近年、私たちの体を創るために必要な“設計図”である遺伝子やゲノムの研究が進み、新しい治療法の開発が進んでいます。当院では2019年にゲノム医療科を新設し、遺伝が関わる様々な問題に対して専門家によるサポート体制を整えています。

詳しくはこちら

がん相談支援

がん相談支援

がん相談支援センターは、患者さま、およびそのご家族に対して、がんに関する様々な悩みや心配なことを解決できるよう一緒に考え、必要な情報の提供や解決に向けたお手伝いをする相談窓口です。

詳しくはこちら

愛知県がん診療拠点病院

『愛知県がん診療拠点病院』とは、愛知県におけるがん診療の充実を図るために、厚生労働大臣が指定する「がん診療連携拠点病院」に準ずる病院として、愛知県が指定した病院です。当院は一定の要件を満たしており、適切ながん診療が受けられる体制が整備されています。

詳しくはこちら

ページの先頭へ