がん診療について

手術療法

当院は2016年9月に導入した「内視鏡手術支援ロボット ダビンチ」を2023年3月に追加導入し、2台体制にしました。ダビンチによる手術は、従来の人の手による手術と比較して患者さまのお身体への負担が少なく精緻な手術を行うことができます。
消化器外科、呼吸器外科、産婦人科、泌尿器科がダビンチを使用しており、胃がん、直腸がん、肺がん、縦隔腫瘍、前立腺がん、腎がん、子宮体がんに対するロボット手術の総件数は800件を超えました。
手術を受ける患者さまが抱える不安を取り除くため、術前には患者さまとよく話し合い、治療効果とQOLの維持のバランスを考えて手術を計画するよう心掛けています。

診療科別ダビンチ手術実績【年度別】

← 横スクロールでご覧ください →

2018 2019 2020 2021 2022
消化器外科 4 39 59 79 160
呼吸器外科 48 49 45 78 131
泌尿器科 31 30 21 29 41
産婦人科 17 17 19 22 35

臓器別ダビンチ手術実績【年度別】

← 横スクロールでご覧ください →

2018 2019 2020 2021 2022
4 8 8 19 36
直腸 0 31 51 60 49
結腸 0 0 0 0 75
0 2 5 13 44
縦隔 0 0 0 14 11
前立腺 24 25 19 21 30
7 5 2 8 11
子宮 17 17 19 22 35

薬物療法

安心して化学療法を受けていただくために、がんを専門とする腫瘍内科医、がん化学療法専門看護師、がん専門薬剤師が化学療法センターに常駐し、患者さまにとって最適な化学療法を提供しています。化学療法の副作用に対して不安を抱く患者さまは少なくありません。看護師は体調変化についてきめ細かくお話をうかがい、薬剤師は効果的な化学療法を提供できるように医師が処方した内容を監査するとともに、治療に関する詳細な説明と薬剤指導を実施し、患者さまが安心して化学療法を受けられるよう努めています。
化学療法センターで少しでも快適にお過ごしいただくために、フルフラット可能なリクライニングチェアや専用トイレ、アピアランス商品の展示コーナーを設置しました。

治療実績【年度別】

← 横スクロールでご覧ください →

2018 2019 2020 2021 2022
外来化学療法 4,112 4,209 4,036 4,220 4,335

放射線治療

トゥルービーム

トゥルービームは内蔵されたエックス線画像装置を用いて、放射線の量・強さをち密に変化させることで正常細胞には照射を弱く、がん細胞に対しては照射を強くする「強度変調放射線治療(IMRT)」という治療を行うことができます。
当院においては、治療装置を回転させながら強度変調放射線治療(IMRT)をおこなう、強度変調回転放射線治療(VMAT)を実施しており、今まで1回15分程度かかっていた治療時間が1~2分程度で終えることができます。

サイバーナイフ

当院は2015年9月に日本で初めて、定位放射線治療「サイバーナイフM6」を導入した施設です。
サイバーナイフは放射線の照射口が付いたロボットアームが自由自在に動かせるため、あらゆる角度からがん細胞へ放射線を照射することができます。また、呼吸によって動いてしまうがん細胞に対しても自動的に追尾するシステムを有しており、呼吸を止めることなく自然な呼吸をしながらでも放射線治療を受けることができます。

放射線治療全般【年度別】

← 横スクロールでご覧ください →

2018 2019 2020 2021 2022
放射線治療部門の新規患者 273 267 281 276 242
放射線治療患者実患者 352 338 344 364 296
定位 (脳)照射を実施した
実患者
51 41 41 55 59
定位 (体幹部)照射を実施した実患者 337 324 330 346 54
IMRT照射を実施した実患者 136 105 70 90 83

原発巣別新規患者【年度別】

← 横スクロールでご覧ください →

2018 2019 2020 2021 2022
脳・脊髄 14 3 11 8 18
頭頸部
(甲状腺を含む)
6 16 14 7 8
食道 6 6 5 5 9
肺・気管・
縦隔
57 57 53 67 43
再掲:肺 57 54 51 63 42
乳腺 47 48 54 39 39
肝・胆・膵 18 20 26 12 15
胃・小腸・
結腸・直腸
16 7 11 13 11
婦人科 16 14 6 18 11
泌尿器系 78 78 90 80 66
再掲:
前立腺
70 69 76 65 62
造血器
リンパ系
6 4 5 14 12
皮膚・骨・
軟部
3 0 3 1 1
その他 (悪性) 0 5 1 2 1
良性 1 1 0 0 1
15歳以下の
小児例
0 0 0 0 0

脳および骨転移治療実患者【年度別】

← 横スクロールでご覧ください →

2018 2019 2020 2021 2022
脳転移 52 49 43 61 49
骨転移 54 49 55 63 37

ページ
上部へ

ページトップへ戻る