薬剤科

『薬あるところに薬剤師あり』

薬剤科では、「薬物療法のすべての過程において薬剤師が主体的に関わる」ことを目標にしています。常に相手の立場に立った行動を心がけ、病院薬剤師のあるべき姿を見据えながら、患者さまへ安全で質の高い薬物治療が実践されることをサポートしています。病棟など臨床現場への積極的進出に伴い、患者さまのお薬の処方自体の個別最適化に向けての介入や、薬物投与後の治療効果や副作用のモニタリングなど、医師や看護師などとチーム医療として協働する場面が増えています。今後は、救命救急や手術室における関わりや持ち込み薬や外来抗がん剤治療など活躍の場面を拡大し、「薬あるところに薬剤師あり」の心構えで、薬物治療のはじめから終わりまで適正な投与サイクルがスムーズに回るように総合的に責任を持って取り組んでまいります。

保険薬局の皆さまへ

ページ
上部へ

ページトップへ戻る