ページの先頭へ

がん治療放射線治療棟

放射線治療棟

放射線治療棟1

放射線治療棟2

病気の中で最も死亡率が高いがん。その治療は「手術療法」「化学療法」「放射線治療」と大きく3つに分かれます。
3大療法の中でも、当院において目覚ましく発展しているのが放射線治療です。2015年9月、世界で数機しかないサイバーナイフM6を日本で最初に導入してから約2年。2018年1月、放射線の形や強度を変化させる最新の放射線治療装置トゥルービームが導入され、両装置を完備する県内唯一の病院となりました。

高精度放射線治療装置
「トゥルービーム」

米国「バリアンメディカルシステムズ社」の最新鋭放射線治療装置。
放射線治療装置に内蔵されたエックス線画像装置を用い、高精度に放射線治療を行います。脳腫瘍など小さな病巣へのピンポイント照射を得意とするサイバーナイフM6(定位放射線治療)に対し、トゥルービーム(強度変調放射線治療)は広域にわたる大きな病巣への照射も短時間で安全に行います。
両装置が揃うことにより、トヨタ記念病院における放射線治療の適応範囲が拡大しただけでなく、がん治療の可能性や選択肢も大きく広がりました。

トゥルービーム

強度変調放射線治療
(Intensity Modulated Radiation therapy : IMRT)

放射線治療では「がん」のみに放射線をあてることが理想です。しかしながら、がんの周囲には正常な部分や健康な臓器が多く存在します。できるだけ正常な部分には少なく、がんの部分には集中するような技術、方法が必要であり、これを可能にしたのが「強度変調放射線治療(IMRT)」という方法です。
従来の放射線治療は、一定方向から均一の放射線を照射していました。周囲の正常な部分にも多くの放射線があたってしまうため、がんに十分な放射線をあてることが困難でした。対して、強度変調放射線治療(IMRT)は、コンピュータの力を借りて照射する方向によって、放射線の量、強さを緻密に変化させ照射する方法です。これにより、周囲の正常な部分にあたる放射線の量を抑えながら、がんそのものに多くの放射線をあてることが可能になりました。

前立腺がんの放射線治療の場合(線量分布)

前立腺の周りには放射線があまり当たってほしくない膀胱や直腸があります。下図の右に行くにつれて、前立腺の周りにある膀胱や直腸に当たる放射線の量が少なくなっています。

※色が付いているところが放射線が当たっているところ。
 赤:強く当たっている  
 青:弱く当たっている

4門治療

IMRT

VMAT

当院においては、治療装置を回転させながら強度変調放射線治療(IMRT)をおこなう、強度変調回転放射線治療(Volumetric Modulated Arc Therapy : VMAT)を実施しており、今まで10分から15分ほどかかっていた1回の治療時間が1分から2分ほどで終了することができるようになりました。

TrueBeamで体内の「見える化」

TrueBeamは治療するベットに寝たまま装置が体の周りを1回転するだけで、CT写真(断層写真)を撮影することができるようになったため(Cone Beam CT 写真参照)、X線写真では見えなかった軟部組織のがんが金属マーカーを埋め込むことなく位置を同定して放射線を照射することができるようになりました。また、金属マーカーを埋め込まないため、患者様にやさしい非侵襲的な治療をすることができるようになりました。

X線写真(前立腺部)

TrueBeamのCone Beam CT写真(前立腺部)

ExacTrac®システム

ExacTracシステムは高精度の赤外線カメラと2つのX線撮影装置を用い、迅速で正確な患者様の位置合わせが可能です。また治療中は常に患者様の位置を赤外線カメラで監視していますので、治療中、患者様が動いてしまった場合などは、直ちに治療を中断することができるため、安全に治療することが可能です。

X線撮影装置

赤外線カメラ

定位放射線治療装置
「サイバーナイフM6」

最新の放射線治療装置「サイバーナイフM6」を導入、2015年9月より放射線治療棟で新たな放射線治療を開始しました。
当院は日本で初、世界でもまだ数機しかない最新鋭の定位放射線治療装置「サイバーナイフM6」を導入しました。サイバーナイフシステムは定位放射線治療を低侵襲に行うために設計されており,あらゆる方向から放射線を腫瘍に当てることで、周囲の正常な組織への影響を最小限に抑えることが可能になります。

サイバーナイフM6

治療計画

放射線治療を開始する前に2方向から腫瘍周囲のX線画像を取得し、あらかじめ計画した通りの位置に放射線を当てるように位置補正を行います。治療中においても、X線画像を適宜取得し、正確な位置情報をリアルタイムに算出します。この位置情報を基にロボットアームが腫瘍の位置ずれに対し補正を行うため、常に腫瘍を高精度に捕らえることができ、その精度は1ミリ以内とされています。

治療計画1

治療計画2

サイバーナイフの特徴

サイバーナイフは呼吸により動いてしまう腫瘍に対しても、ロボットアームが腫瘍を自動的に追尾しながら放射線を当てるシステムを有しているため、患者さまは息止めやお腹の圧迫をすることなく、自然な呼吸をしながらでも高精度な放射線治療を受けることができます。

通常の放射線治療機とサイバーナイフM6の比較

最新モデルであるサイバーナイフM6は6世代目のサイバーナイフであり、新たにマルチリーフコリメータ(MLC)が追加されました。従来は円形の放射線を用いて治療をしていましたが、MLCが搭載されたことにより腫瘍の形状に整形した放射線を当てることが可能となります。この機能を用いることで、より効率的に放射線を腫瘍に集中させることができ、治療時間の短縮も期待されます。

マルチリーフコリメータ(MLC)

マルチリーフコリメータ(MLC)

ページの先頭へ