ページの先頭へ

研修医担当ドクターの紹介

小口 秀紀

副院長(兼 統合診療科 科部長)

小口 秀紀

当院の初期臨床研修の特徴は、診断能力の向上とgeneralist mindの習得を目指している点にあります。すなわち、診断のついていない新規の患者さまを診察し、必要な検査を選択し、診断をつけ治療する患者さま中心の医療を実践できる医師の育成を目指しています。このため、ERでの研修を1年目と2年目に2か月間設定し、多くの新規患者さまを対象として、generalistに必要なdecision makingとmindの育成に力を入れています。また、治療については各専門科との協力が必要で、コミュニケーション能力の向上、チーム医療の理論と実践を現地現物で学ぶことが可能です。

当院では毎週水曜日と金曜日に初期臨床研修医を対象に、朝食付きのモーニングセミナーを実施していますが、セミナーの内容は研修医が企画し、上級医や他の医療スタッフが協力しています。当初は救急部門の教育が中心でしたが、EBM、M&M Conferenceによる医療安全、チーム医療の理論と実践なども取り入れ、毎年レベルアップされています。ERでの研修では実際に遭遇した症例をその場でReviewし、初期研修医にわかりやすくその疾患を解説できる「ER寺子屋」も実施しています。また有志の研修医による勉強会も火曜日、木曜日に行われています。

私と桑原科部長は最高の臨床研修が提供できるように、研修医も参加する臨床研修委員会で研修医の意見を取り入れた研修システムのKaizenを行っています。当院の初期臨床研修医は全員統合診療科(Integrated Medicine)に配属されます。ERにおける診療には3名の救急医(武市科部長、西川医長、榊原医長)と2名の救急科後期研修医、総合内科としては渥美科部長が指導に当たります。さらに各診療科の科部長が指導に当たりますが、当院は20年以上スーパーローテート研修を行ってきた伝統がありますので、将来選択する専門科にかかわらず質の高い研修が提供できます。また、初期研修終了時には、米国セントエリザベス病院への1か月の家庭医学留学や米国総合内科学会(Society of General Internal Medicine; SGIM)での発表など、2年間の初期研修の成果を発揮するいろいろなチャレンジが可能です。

多くの学生は将来専門医を目指すと思いますが、専門医になるのを急ぐ必要はありません。専門医の勉強は一生やることになりますが、他科の勉強はこの2年間しかできません。専門医になった時、専門科のみの知識と技術力だけでは優秀な専門医にはなれません。専門医になった時、ERで総合的に学んだ他科との境界領域の知識とコミュニケーション能力は将来専門医になった時、絶対に役立つと確信しています。意欲と向上心のある学生諸君の応募を心待ちにしています。まずは一度見学に来てください。

主な経歴

1985年
名古屋大学医学部卒業
1985年
トヨタ病院(現在のトヨタ記念病院)研修医
1986年
大垣市民病院産婦人科
1990年
名古屋大学医学部産婦人科
1992年
米国国立がん研究所(National Cancer Institute; NCI)研究員(Visiting Scientist)
1996年
社会保険中京病院産婦人科
1997年
トヨタ記念病院産婦人科医長
1998年
トヨタ記念病院産婦人科科部長
2013年
トヨタ記念病院副院長

主な資格

  • 名古屋大学医学部産科婦人科臨床講師
  • 日本産科婦人科学会産婦人科専門医・臨床指導医
  • 日本超音波医学会超音波専門医・指導医
  • 日本婦人科腫瘍学会婦人科腫瘍専門医
  • 日本周産期・新生児学会母体・胎児専門医研修暫定指導医
  • 日本がん治療認定医機構暫定教育医
  • 日本臨床腫瘍学会暫定指導医
  • 母体保護法指定医
  • 医学博士

桑原 浩彰

リハビリテーション科 科部長

桑原 浩彰

研修医の皆さんと接していると、「初心忘るべからず」という世阿弥のことわざを思い起こします。何事も貪欲に学ぼうとする姿勢、患者さまへの謙虚な気持ちなど、普段私が臨床の場で忘れがちなことを逆に研修医から教えられる気がします。そして、そんな環境を岩瀬院長、小口副院長の協力の元、日々KAIZENをしながら作っていきたいと考えています。

また、当院は企業病院であること、これを生かし、トヨタ自動車の入社式に参加、他の新入社員と一緒に社員研修を一部受けて頂く。更に、同期入社のコメディカルと自動車工場など、会社内の他施設見学なども企画しています。これらの企画を通して「病院の常識は、社会の非常識」などと言われない、社会常識を備え、コミュニケーション能力が養える、研修医教育を目指しています。

「百聞は一見にしかず」是非見学に来てください。

主な経歴

1990年
三重大学医学部卒業
1990年
豊橋市民病院研修医
2007年
トヨタ記念病院リハビリテーション科科部長
2011年
同 研修プログラム責任者

専門領域

  • 整形外科、関節鏡膝関節外科
  • 名古屋グランパスチームドクター

主な資格

  • 日本整形外科学会専門医
  • 日本整形外科学会認定スポーツ医

武市 康志

救急科 科部長

武市 康志

当院の研修教育の特徴は、指導医、各科のスタッフのみならず、コメディカルや事務も含めたスタッフにも積極的に協力をしてもらっているところです。

病院スタッフの全員が、より良い研修指導確立の為、あらゆる方面、分野でサポートする環境は他院ではなかなか望めないと思います。ドクターカーの試み、救急症例検討会等、救急隊の方々との交流も非常に盛んです。

自身にとって、また後輩にとってもよりよい研修環境を一緒に作って行きましょう。

主な経歴

1991年
名古屋大学医学部卒業
1991年
名古屋掖済会病院研修医
2004年
トヨタ記念病院統合診療科医長
2010年
同 救急科科部長

専門領域

  • 内科学および循環器病学、救急医学

主な資格

  • 日本内科学会専門医
  • 日本循環器学会専門医
  • 日本心臓リハビリテーション指導士
  • 医学博士

渥美 宗久

総合内科 科部長

渥美 宗久

研修医の病棟での仕事は上級医の指示に従い雑用をこなすことでしょうか? いいえ違います。担当医の一人として患者に対して責任を持って医療を行うことです。研修医が観察者として病棟業務を行うことで得られるものは少なく、担当医として悩み、考えることが臨床能力を養うために必要とされます。

当院では研修医が入院患者管理の主役となり、ホスピタリスト(病棟総合医)として働く体制を整え、指導医がそれらをサポートしていきます。

充実した研修生活を送るには患者をたくさん「見る」よりも、しっかり「診る」ことが重要です。一緒に患者を診て、一緒に勉強しましょう。

主な経歴

2001年
名古屋大学医学部卒業
2001年
中部労災病院研修医
2003年
同 腎臓内科
2008年
トヨタ記念病院腎・膠原病内科
2015年
トヨタ記念病院総合内科
2016年
副プログラム責任者

専門領域

  • 内科

主な資格

  • 日本内科学会認定医
  • 日本腎臓学会専門医
  • 日本透析医学会専門医
  • 日本リウマチ学会専門医

田中 孝正

総合内科 医長

田中 孝正

卒後2年間の研修生活をどのように過ごすか、きっとワクワクしながらも不安でいっぱいだと思います。どうすれば一番良いのか、答えはありませんが、皆さんには無限の可能性があります。一方で日々増え続ける膨大な医学的知見は、もはや全てを覚えることは不可能です。でも、最初に基礎的な力をしっかりつけておけば、あとは応用が利くようになり、結果として高い臨床能力をつけることは十分可能です。将来の専門性にとらわれず、広い視野で地道に力をつけていきましょう。

我々は皆さんが2年間で最大限の力を発揮できるよう全力でサポートしていきます。ERや総合内科で幅広い分野の急性期から慢性期の病態を学ぶことができますし、私個人としては身体所見や臨床推論のトレーニングを通して、内科診断学分野の教育で特に貢献していきたいと思います。

Teaching is learning.
みんなで教え合い、お互いが成長できる病院を作っていきましょう!

主な経歴

2005年
愛媛大学医学部卒業
2005年
名古屋市立大学病院研修医
2007年
愛知厚生連海南病院 総合内科
2011年
市立堺病院(現 堺市立総合医療センター) 総合内科
2015年
田附興風会医学研究所北野病院 総合内科
2017年
堺市立総合医療センター 血液内科
2018年
トヨタ記念病院 総合内科

専門領域

  • 総合内科、感染症、膠原病(リウマチ)

主な資格

  • 日本内科学会 認定内科医、総合内科専門医
  • 日本病院総合診療医学会 認定医
  • 日本血液学会 血液専門医
  • インフェクションコントロールドクター

ページの先頭へ