ページの先頭へ

先輩研修医からのメッセージ

医科ローテートで各専門診療科と直接関わり、
医科歯科の連携がより一層綿密になることを実感しました

秋尾 明里

歯科研修医2年目(2019年7月現在)

佐野 泰斗

学部6年生の春頃、口腔外科医を目指す上で全身的な知識の必要性を感じた私は、医科ローテートが研修プログラムに組み込まれているマッチング先を探していました。この条件を満たす病院が愛知県内には複数ありますが、その中でなぜ私がトヨタ記念病院を選んだか、そして実際に研修医として働いてどのように感じているかを伝えられればと思います。

医科ローテートは、1年目の消化器外科、循環器内科、耳鼻いんこう科などに始まり2年目のER、麻酔科まで、1年間以上かけて各科にローテートします。当院の医科ローテートで特筆すべき点は、研修する診療科・期間をある程度自分で決定できることだと思います。当院は30以上の診療科があるため、すべての診療科を研修することはできませんが、少しでも多くの診療科で研修をしたいのであれば1週間単位で、あるいは興味のある診療科をじっくりと研修したいのであれば2〜3週間単位で研修プログラムを作ることができます。このようにオーダーメイドの研修プログラムを作れる点が当院の強みだと思います。

どの診療科も教育熱心な先生方ばかりです。初めは、「医科」という世界に気後れしていましたが、疾患の病態はもちろん治療法、経過、歯科との関連、手技、豊田市の美味しい居酒屋などなど様々なことを教えていただきました。このように研修を通してさまざまな専門科の先生方と直接関わることで、医科歯科の連携がより一層綿密になることを実感できる点も素晴らしい研修です。

次に口腔外科ローテートです。当院の口腔外科の上級医の先生方もやはり教育熱心であり、手技では解剖学から、投薬では薬理作用から、全身管理では各臓器の状態から、ととても丁寧に教えてくれます。診察や手技や病棟管理で独り立ちする際も、常にコンサルトしやすい地盤が整えられています。さらには耳鼻いんこう科と合同で手術や摂食嚥下回診も行っているため、口腔外科医になるためにより一層深みのある初期研修ができる病院です。

少しでも当院に興味を持っていただけたでしょうか?遠方の大学から見学に来る場合は院内への宿泊も可能です。文章では伝えられない雰囲気や社員食堂の美味しい昼食など、体験しにいらしてください。皆さんにお会いできることを楽しみにしております。

2018年分の掲載ページはこちら

ページの先頭へ