ページの先頭へ

活動・取り組み広報誌

トヨタ記念病院では、広報誌「Smile&Heart(スマイル&ハート)」を発行しています。
スマイル(笑顔)を交わして。ハート(心)を通わせて。私たちは皆さまのパートナーとして、いっしょに考えていきます。

広報誌「Smile&Heart
(スマイル&ハート)」

2019年

2019年秋号

  • 【特集】
    脳梗塞の最前線
  • 【Report】
    広がるダビンチ手術
  • 【Smile People】
    みんなの心が温まる
    「グッドジョブ活動」
  • 【News】
    ドクターカーの運用を開始しました
  • 【職場紹介】
    放射線科
  • 【Guide】もしもの備え
    ・血液検査を知ろう
  • 【地域医療連携】
    家田病院
  • 【みつわ会】
    災害時の病院ボランティア活動

2019年夏号

  • 【特集】
    循環器内科の先進的な診療
  • 【ReBORN】トヨタ記念病院が生まれ変わります
    職員全員が「真の患者さま第一」の病院を追求します
  • 【Smile People】
    心にスマイルを!
  • 【経営スタッフからこんにちは】
    事務長 鎌田 浩也
  • 【職場紹介】
    医療安全管理グループ
  • 【Guide】もしもの備え
    ・熱中症にご用心
  • 【地域医療連携】
    豊田東リハビリテーション病院
  • 【みつわ会】
    新入社員へボランティアの力を発信

2019年春号

  • 【特集】脳にも低侵襲の治療を
    ・脳神経外科の治療とは?
  • 【Smile People】
    笑顔を励みに
    共に成長していきたい
  • 【経営スタッフからこんにちは】
    副院長 篠田 憲幸
  • 【職場紹介】
    臨床研究支援室
  • 【Guide】もしもの備え
    ・がんと診断されたら
  • 【Report】
    「患者さま満足度調査」にこ協力ありがとうこざいました
  • 【地域医療連携】
    かみや外科クリニック
  • 【みつわ会】
    病院ボランティア養成講座

2019年冬号

  • 【特集】
    関節外科の専門性を追求
  • 【Smile People】
    認知症ケアの秘訣は
    相手の思いに共感すること
  • 【経営スタッフからこんにちは】
    病院長 岩瀬三紀
  • 【職場紹介】
    臨床検査科
  • 【医食同源】花粉症のお話
    ・地域とともに
  • 【Report】
    トヨタ看護専門学校 新校舎が竣工
    ・防災訓練を実施しました
  • 【みつわ会】
    園芸活動班が中庭にパンジ—を植えました
  • 【地域医療連携】
    三九朗病院

中日新聞LINKED

中日新聞LINKED_vol.31

LINKED Vol.31

地域と病院が繋がり、がんと生きる人を支える。

詳しくはこちら

中日新聞LINKED_vol.27

LINKED Vol.27

認知症の人の心の声を聴く。

詳しくはこちら

中日新聞LINKED_vol.26

LINKED Vol.26

患者の思いを叶える肺がんの集学的治療。

詳しくはこちら

中日新聞LINKED PLUS トヨタ記念病院

LINKED Vol.25

地域で完結できないがん診療をなくすために。

詳しくはこちら

中日新聞LINKED_vol.21

LINKED Vol.21

「在宅医療」で培った看護師の視点が、病院のシステムと職員の意識を変える。

詳しくはこちら

中日新聞LINKED_vol.19

LINKED Vol.19

がん患者を地域で治療し支えるための「サイバーナイフM6」。

詳しくはこちら

中日新聞LINKED_vol.17

LINKED Vol.17

患者さまのために、医師は生涯、学び続けなければならない。

詳しくはこちら

中日新聞LINKED_vol.14

LINKED Vol.14

地域の子どもたちのために、健やかに、笑顔があふれるまで成長を助けていきたい。

詳しくはこちら

中日新聞LINKED_vol.12

LINKED Vol.12

患者さまの悩みや苦しみに共感し、共にがんと対峙していく。自分らしく生きてもらうために。

詳しくはこちら

中日新聞LINKED_vol.10

LINKED Vol.10

「メディカルケアランド」の実現にむけて患者さまの視点でカイゼンを続けます。

詳しくはこちら

中日新聞LINKED_vol.9

LINKED Vol.9

わたしの目標は、この地域から、寝かせっきりの患者さまを一人でも少なくすること。

詳しくはこちら

ページの先頭へ