ページの先頭へ

先輩研修医からのメッセージ

現地現物のすゝめ

小西Dr

研修医1年目(2022年1月時点)

加藤Dr

「どうやって研修病院を選んだらいいですか?」医学生の方からこういった質問をよく受けます。この問いに正解はありませんが、悩める医学生の皆さんに”現地現物”という言葉を紹介させていただきます。 ”現地現物”とはトヨタ自動車が大切にしている行動指針の一つで、自ら現場に赴き自分の五感と頭で物事を検証せよという意味です。トヨタ自動車が経営する当院では、入職してすぐにこの言葉を教えられます。日常診療でも”現地現物”の大切さを日々痛感しています。例えば、当直中に「血圧が高い」という主訴で救急外来(ER)に来られた患者さんがいました。
話をよく聞くと「口を動かしづらい」との訴えもあり、検査を行ったところ脳梗塞がみつかりました。”現地現物”してみると新たな気付きが生まれたり、最初とは違った結論にたどり着くことがしばしばあります。それは、患者さんの状態が刻一刻と変化しているからだと考えています。だからこそ、自ら患者さんの所に足を運び、今患者さんがどういう状態なのか考えることが大切です。研修病院選びに関しても同じことが言えます。病院全体の雰囲気、人間関係、研修医は主体的に診療に携われているか、教育体制は十分か、研修医の目は輝いているか、本当にトヨタ記念病院の食堂は美味しいのか。ホームページを見るだけでは決して分からないことを、ぜひ見学に来て五感を使って確かめていただきたいです。また、病院見学の際は必ずERも見てください。研修医生活の中で最も長い時間を過ごすのがERです。当院のERは、救急車を断らないこと、研修医が主戦力となって初期対応を行うこと、2年のうちで4ヶ月もあるERローテーション、研修医の疑問にとことん答えてくれる救急専門医、上級医に相談しやすい当直体制、当直振り返りカンファ、検査技師さんのエコー手技講習、などなど初期研修に適した特徴がたくさんあります。見学にいらした際は、ここに書ききれなかった当院の魅力を発見していただけることでしょう。
現地現物のすゝめ。お待ちしております!

常に前進し続ける、
団結力のある明るい病院です

市原Dr

研修医1年目(2022年1月時点)

島田Dr

医学生の方々は、きっと研修に様々な思いを馳せていることでしょう。
研修先に対し、これだけは譲れないという条件はあるでしょうか。
私の場合は「気持ちよく働ける環境」でした。良い医療は良い人間関係から生まれると考えていたからです。初めてこの病院に見学に来たときに「これほどに多職種と活発に挨拶を交わす病院があるのか!」と感動したのを今でも鮮明に思い出します。医師だけでなく看護師、薬剤師、技師、事務、清掃員、警備員の方々までが、思わず自分も微笑んでしまうような気持ちの良い挨拶をしています。
いざ研修が始まってみると、この風土がよりよい医療を提供する上で非常に大切なことを再認識することになります。日々の業務には看護師の協力が不可欠です。
ときには画像検査を相談し、また患者に合わせた薬剤調整をして、リハビリを行うこともあるでしょう。この病院のスタッフはみな業務に真剣で、それぞれの立場から様々な意見が飛び交って診療が進んでいきます。
私達研修医もひとりの医師として、様々な職種の方々とコミュニケーションを取りながらよりよい医療を実現するために全力で診療に当たります。ときにはわからないことにぶちあたりながらも、スタッフと話し合うことで少しずつ解決しています。こうして、本来の意味の「チーム医療」を学ぶことができます。このような風土に身を投げて、肌で感じて学べることは当院で研修をする最大の利点ではないでしょうか。
もうひとつの大きな特徴が、ER研修です。
当院のERローテは2年間で4ヶ月間あり、軽症から重症まで様々な主訴の患者さんの対応を行います。診療中に悩むこともしばしばありますが、教育熱心な救急医からの手厚いフィードバックを受けることができます。疑問に感じることは質問すればすぐにアドバイスをもらえ、そこで得た知識を次の診療に活かしていける環境があります。また挿管や縫合など救急科的な手技もそばで指導を受けられ、救急医ならではの細かいコツを教えてもらうことで「何となく分かる」から、「確実に理解してできる」活きた知識として吸収できます。ERローテを終えたときは、成長した自分を実感することができます。当院の特徴である「ER振り返りカンファ」も密にならない新しい方法で継続しています。研修医としてただ様々な症例を経験したい、様々な手技に触れたいだけではなく、「診療や手技それぞれの質を向上させたい」と考えている方には自信を持っておすすめできる、自慢の救急科だと思います。各科の先生が「どうしたらよりよい医療を提供できるか」を考え、実践している現場を間近で見ることができます。日々研鑽する上級医の先生方と業務を一緒にこなす中で、手技を経験したり、勉強会を行ったり、時には患者さんのプロブレムに対して一緒に考えながら治療を進めていきます。その過程で、ひとりの医師として患者さんを診療する自信と責任感が身につきます。
トヨタ記念病院には熱心で個性豊かなスタッフが揃っています。そしてここにはあなたの強みを伸ばしながら苦しいときは支えてくれる、頑張りたいときはいつでも力になってくれる仲間がいます。楽しく充実した研修生活を送りたい方には胸を張っておすすめできる研修病院です。是非その雰囲気を一度味わいに来てください。

ページの先頭へ